Blog

2022.08.09

マタニティウエディングドレスのパターン(製図)の重要性

一つのブランドを作る為に、
各、技術者がチームを組み動いてます

デザイナー、パタンナー、
マーチャンダイザー、生産と

その中で、パタンナーの存在は、
デザイナーのもっとも大切なパートナーの1人

パタンナーとは、デザイナーが書いたデザイン画を元に
パターン(型紙)におこす専門のマイスターです

ウエディングドレスが身体にフィットして着心地良く
お洒落なシルエットを作り出しているのは
パタンナーの技術が大です!!

デザイナーよりも重要なポストかもしれません!

パタンナーには、企画の段階で
デザイナーの描くデザイン画を即座に理解し
デザイナーのイメージ通りに 
もしくは、それ以上に表現させるには
高度な専門知識と豊かな感性、
完璧な型紙の技術がより求められます

また素材の知識、裁断、縫製にいたるまでの
トータルでの知識も必要となってきます
縫製工場に細かい縫製を指示する為の
(縫製指示書)の作成と送り
内容はたきにわたります

実際、同じパターンを使っても工場が違えば
イメージが全然違って仕上がってくるのです

また
工場により素材、アイテムでの
縫製の得意不得意があり
これらを考慮したうえで
それぞれに配分、コントロールをして
縫製をより完璧な仕上がりにもっていくのです

もちろん、縫製工場さんの高い意識と技師で
教えられる事は沢山有ります

もしかしたらデザイナーとパタンナーは
いきのあった、ご夫婦のような存在なのかも
しれませんね
お互いがお互いをリスペクトし、信頼しあい
多くをかたらなくても理解しあえる
素晴らしいパートナー

そんな素晴らしいパートナーとブランドの企画を
取り組める事は、ブランドの未来を左右します

マタニティウエディングドレスのパターン(型紙)は
沢山のパーツ数から成り立ち
カジュアル、タウンのお洋服よりも
遥かに多いパーツ

さらに
パターン自体のパーツの大きさが凄く大きい為
パターンのラインをひくのも、カットするのも
振り回すのも、大変なのです!!!!

工場に縫製を出す前には、必ずこのパターンを使い
生地の用尺がどのくらいかかるかを出し
生地屋に生地のオーダーがようやく出来るのです

元々、生地はこの
1ミリ、2ミリにこだわったパターン(製図)
を使い裁断されるので、より正確性も求められる
重要なポイント!!

この記事を書いているとパターンナーの
大変さが再認識し、リスペクトの思いです

私のデザイナー人生で、1人の思い出深い
パターンナーとの出会いが過去にありました

企業デザイナーの時代です

彼女の感覚は、素晴らしく私の想像以上に
素晴らしいラインをパターンにおこして戴き
もちろん、仕上がっ作品は、美しいシルエットで
感動したのを覚えてます

素晴らしいマイスターです!!
ここまでの感覚豊かなパタンナーと今後出会う事は
おそらく難しいでしょう

一緒に作り上げたブランドは
今でも私の誇りです
改めて感謝したいです

有難う御座いました