Blog

2022.08.12

白の世界に憧れ、ウエデングドレス

今日は、少しプライベートな事も話させて戴きます

 

4人兄妹の長女として生まれたのですが

唯一の女の子、男性3人の兄弟のなかで 

もまれながら育ちました

 

物心ついた時には、男の子と同じような

扱われ方しかしなかった記憶が有ります

男の子とばかり遊んでいたような

 

そんなワンパクで、

どろんこになりながら遊んでいた時代

祖父の影響なのか

美しい物、お洒落な物にばかり惹かれるのです

 

祖父は、伊達もお洒落で

何時もストローハットをコーディ

自宅にお客様がいらした際は、

待たせてでもスーツに着替え、現れるのです

自分が納得するまで

何度でも着替えてからの登場

どにらがお客様なのかわからないくらいでした

 

また、洋服全ての素材にも拘りを持っていて

とても素材に詳しく、品質の良い素材でないと

納得がいかず

祖母が手配に動き管理にと 

大変な思いをしていた事を覚えてます

 

お正月には、恒例の書き初め

筆から真っ黒な墨の文字が

真っ白な半紙の上に、力強く表現される

その作品を書き上げた祖父の所作に

かっこよさを感じていました

(白い和紙に黒い文字だったからなのか)

 

何時も気がつけば祖父の

凛としたたたずまい、美しさに

自然と目が追いかけてました

どこか誇らしくも

 

私が、知らず知らずに影響を受けていたのは

祖父の存在だったのかもしれません

 

この時点では、まったくデザイナーの道に

歩むなんて思いもよらなかつたはず

 

どろんこ遊び興じながら美しさに惹かれる

不思議な世界観だったのです

 

母は

洋裁ができ 全て私の洋服は、母の手作り

この時点で、私は白のカラーに

異常に憧れていたのを覚えてます

白は、特別なカラーで

自分も特別になれるような

そして違う世界にいけるような感覚になり

空想ばかりしている子でした

 

母は、

絶対に私には、白い洋服を

作ってくれなかったのです

理由は、どろんこになり汚すから!!

それだけの理由です

 

私は、何時しか実家を出た時には

自由に白い洋服を好きなだけ身につけて

大好きな白のカラーに

包まれていたいという思いを 

強く感じながら

穏やかな自分がいるのです

 

ドレスのデザインをするたび

白のシンプルさがとてもかっこ良く

無垢と神聖、純粋

清潔感を感じさせずには、いられません

最強の白

 

 

そして私にとっての白は、自由であり

カラーの原点であり

人生の原点だとも思ってます

 

現在、生涯、共に白と共存していく事でしょう

それが一番自分らしくいられるから

 

幼少期に白に惹かれ、

ウエディングドレスという

もっとも白を感じる世界感にいる現在

今ここで生きてる事の意味が過去と繋がりました

 

妊婦様という、もっとも神秘的で無垢な存在

大好きな白の世界を

マタニティウエディングドレスの中で

表現しつづけていければ