Blog

2022.08.27

私のお気に入り

レースのウエディングドレスに
マリアベールのコーディネートは、私の一番のお気に入り

一見 (レース×レース)で、重く見えがちですが
お互いが、お互いを尊重し合い、より優美さが増し
改めてレースの奥深さを感じずには、いられません

(リバーレス、ケミカルレース、チュールレース)
沢山のレースの種類が有りますが

本日は
マタニティウエディングドレスに一番使いたい
リバーレスレースのお話しをさせて戴きます
     

【リバーレスの特徴】

リバーレースは、糸を撚って機会編み機で織られ

レースの発祥は
16世紀のヨーロッパで誕生したとされ
貴族に最も愛され、富みの象徴とされます
18世紀、イギリスの産業革命ぐらいに機械化され
広く一般に普及する事となり
そこから浸透したと思われます

機械レースの中でも特徴的なのは
細い糸を撚り合わせ、糸を沢山使用します
機械編みレースの中でも
使用できる糸の本数が、2万本近くとも言われ
その糸は、複雑に絡み合い、組織は立体的になる分
デリケートな模様が編み出されます

機械の編む速度もかなり遅くなり時間がかかる為
とっても高価なレースとされています

機械を操作するなか、熟練した職人の手を
必要とする為に、大変手間がかかります
なおかつ、職人の手の細かい技術が
とっても重要です
機械と職人の手の技術の融合
手工業に、かなり近いようです
どちらがかけても 成り立たないですね

現在では、とっても貴重で有り
伝統のリバーレースを織る編機を
保有しているメーカーは
世界でも、かなり限られています
限られた場所での生産しか
されていないとも言われ
リバーレースは、機械レースのなかでも
もっとも上質で、最高峰です

リバーレースをあしらったウエディングドレスは
とても繊細でエレガント、より上質感を最大限に
表現してくれます

身にまとった瞬間の肌触り、着心地
何よりも、見る者が凛とした佇まいに圧倒され
感動を覚えます

誰もが一度は、憧れるレース
そのなかでも最高級のリバーレス

レースが大好きな私は、レースと触れ合う時間は
とっても幸せな時
沢山のアイデアとイメージを膨らませてくれる
最高のマテリアルです

長い時間がたった今でもリバーレスの魅力は
衰える事なく輝いています
1人でも多くの妊婦様に実際に肌で体験して戴き
感動して戴けたら、とっても嬉しいです

アトリエ(LaNature)ラナチュール

〒151-0063
渋谷区富ヶ谷1-9-18コムロンド
代々木公園フラッツ701

▪️(Instagram) lanature_bridal
▪️ (home page) https://lanature-dress.com
▪️(TEL) 03-3465-5477