Blog

2022.08.13

マタニティウエディングドレス製作の想い

 アトリエに

お客様からのお問い合わせで一番多いのが

以下の質問です

 

▪️【妊娠してるのですが、妊婦用のウエディングドレスは有りますか?】

▪️【ドレスは何着有りますか?】

▪️【伸びる素材での対応になりますか?】

とのお問い合わせで御座います

 

 

ラナチュールの対応として以下のお話を

させて戴きます

 

ご安心下さいませ

全てが

ご妊娠された方の為にデザインをし開発した

新しいマタニティウエディングドレス御座います

お体にご負担なく

たとえ、お腹が120㎝にサイズアップしても

慌てずにお召しになれます

とお伝えして折ります

 

妊婦様は、初めての経験なので

日々の身体の変化ににより

挙式当日の

ご自身のお姿が変化していく事が

まったく想像出来ずにおられ

不安で一杯なのです

 

ラナチュールにお問い合わせを戴く

お客様のもう一つの特徴は

 

すでに挙式される会場様と契約済みで

会場様 指定のドレス店様にご案内され

試着に行ったのですが

妊婦専用のドレスが有ると言われて行ったのに

実際は無く

大きいサイズの方用のドレスを着せられ

お直しされる事がわかり

そこから疑問をお持ちになられた方が

妊婦専門のドレスは、他に無いのか?

と慌てて、ネットで検索され

ラナチュールに辿り着かれるケースです

 

 

日本には、妊婦様専用として開発した

専門のマタニティウエディングドレスが

無いな等しいのです

 

では、何故今迄 妊婦様の為の

専門のマタニティウエディングドレスが

開発されてこなかったのでしょう

 

それは全て私達、デザイナーの責任なのです

 

私も独立前

企業デザイナーとして長年働いていましたが

妊婦様の存在を全くフォーカスしてこなく

数十年前の現状は、

ご出産後、もしくは、早い時期に挙式を

挙げられる方が多く、現在のように

(5人に1人)が、挙式時に妊娠されているいう

状況には、なかったかと思います

 

企業デザイナーは、自身のデザインしたドレスが

どちらのドレショップ、衣装店様に卸され

どのように客様がレンタルされ

お店のスタッフ様がどのような

ご対応をされているのかが

全く知らなかったのです

 

私は

独立後オートクチュルデザイナーとして

色々なドレスショップ、衣装店様に

出入りするようになり

現在の実態を知る事となりました

 

まず、驚いたことは

デザイナー、パタンナーは

ドレス製作にあたり、(1㎜、2㎜)の世界で

細かく線を引き、製図を作り上げ

その後、裁断、縫製と、

デザイン画に忠実に、職人の技術で

ドレスを丁寧に作り上げていくのです

 

7号サイズの方は7号サイズで

ピッタリ合うように作られ

計算され尽くしたものだけが

完成品として卸されるのです

 

妊婦様のお腹のサイズに合わせて

ドレスを選ぶ事により

実際は、バストが7号サイズなのに

9〜11号サイズを着せられる事は

胃の辺りからバストに向かい

ドレスのバストが、ぶかぶかで

身体から浮いた状態になります

ここから、無理なお直しに入り

脇でたたんでまつったり、後身頃のみで

編み上げ紐を緩めてご試着させる事や

 

サイズが足りない場合には、当て布といって

後身頃に布を継ぎ足したり

(これは後身頃だけがサイズ広がるかたちになり

前身頃がそのままになり、

ドレス身頃全体のバランスが崩れます)

 

製作現場人間には、そのお直しの発想はないのです

それを行なう事は

妊婦様のお体にどんな影響を与えるかが

すぐさま解るからです

 

ドレスの製作工程を知っていたら

このお直しは出来ないはずです

元々のデザイン性、シルエットは崩し

何より、無理なお直しをされた物は

妊婦様のお身体に合わず、御負担がかかります

 

製作現場の人間にとって、これらの事は

驚愕の事実でした

 

また、デザイナーとして

このドレスを挙式当日に着せてしまう現状は

ドレスがこんな姿にと

とってもショックな光景でした

 

お客様の中にもおかしいと

疑問を感じる方もいらっしゃいます

▪️初めての経験で何も分からずに

挙式当日を迎えられる方

▪️私のお腹が成長していくから

私がいけないんだと思う方

▪️大切な日の大切なドレスなのに

何故、妊婦だけが色々な事を

妥協しなくてはいけないのか

▪️お店の方が、大丈夫ですよと言われるなで

大丈夫なのかな、などと思ってしまう方

 

この現状を見過ごせない想いと

妊婦様を助けなければとの想いで

まだ日本には無い

マタニティウエディングドレスの開発に

力を入れたのです

そこで私が

マタニティウエディングドレスの

開発にあたり、自分にかせた課題は

(絶対に妊婦様を最高の花嫁姿にする事!!)

それには

▪️妊婦様に見えずらいデザインにする事

▪️どんな大きなお腹にもパターンの力で

ウエストを作る事

▪️ご妊娠されて無い方よりもスタイリッシュで

お洒落に見えるデザインにする事

▪️着ていて体にご負担なく

長時間を楽に過ごせる事

▪️妊娠により敏感になった肌

アレルギー体質の方にも

肌に優しい素材を使うこと

▪️バストの上のはみ肉が現れない設計

▪️通常のドレスの半分の軽さ

 

製図(パターン)も、オートクチュールでつちかった

今迄の妊婦様のお身体の変化、

サイズ等のデータを元に

試作を何度も繰り返し、作り上げたのです

 

只々、妊婦様の笑顔を見たい為に

暑い想いで製作したオンリーワンの

マタニティウエディングドレス

 

ラナチュールのドレスをご試着され

違いを感じて戴けたらと思います

 

 

以上、ラナチュールの想いが伝われば

とっても嬉しいです

スタッフ一同、心よりお待ちして折ります

どんな小さなお悩み事でもお気兼ねなく

お聞かせ下さいませ

一緒に最高の解決方法を考え

安心して戴きたいと思います

 

アトリエ(LaNature)ラナチュール

🔹TEL:03-3465-5477

🔹https://lanature-dress.com/