Blog

2022.09.03

オードリーヘップバーンへの憧れ

【オードリヘップバーン】は、私の憧れの女優

(1929年5月4日 – 1993年1月20日)
イギリス人女優

初めてオードリーを目にしたのは、
映画「ローマの休日」(1953)年の作品です

何て美しく、何てキュートに微笑むの
こんな人が実存するなんて
驚きと憧れが一気に膨らみ、
私は、一瞬でオードリーに恋をしました

オードリーは、ハリウッドデビューをはたし
初主演のこの映画で、アカデミー賞出演女優賞を
獲得、いっきに輝く舞台を駆け登っていきました
ハリウッドでは、伝説の人になっていきます

170㎝の長身にファニーフェイスの顔立ち
令嬢のオードリーは、上流階級の教育を受け
品格がそなわったふるまいは、自然と演戯にも
私は、ますます魅了されました

映画の中で身に着けていた衣装は
映画『麗しのサブリナ』(1954)から
パリのデザイナー(ユベール・ド・ジバンシィ)が
手がけ、完璧なパリ・モードをオードリーに提供

ここから
ジバンシィとの生涯にわたるコラボが始まります
エレガントなイヴニングドレス
シルクタフタのカクテルドレス
この作品の為にデザイン製作し
そして、オードリーはこの作品を完璧なまでに
着こなし、圧倒的な美しさで現れたのでした

手足が長く抜群のスタイルのオードリーが
身につけると
お洒落で優雅で本当に美しく、素敵でした!!

映画の世界のファッションが
世界中のトレンドに影響をもたらしたのも事実です
’50年代~’60年代の作品の中で
オードリーが魅せた素敵なファッションは
忘れられないもなとなりました

私もこんなドレスを着たい!と憧れたものです

時代背景、ストーリー、流れる音楽
衣装の素晴らしさ
その世界観、全てに引き込まれ
たとえこれから時代が移り変わっても
オードリーが演じた映画の世界は
見る人々に色あせることなく映ると確信しました

▪️オードリーが演じた、他の代表作品▪️

『初恋』(1951年)

『麗しのサブリナ』(1954)

『戦争と平和』(1956)

『パリの恋人』(1957)

『昼下りの情事』(1957)

『尼僧物語』(1959)

『ティファニーで朝食を』(1961)

『噂の二人』(1961)

『シャレード』(1963)

『マイ・フェア・レディ』(1964)

『おしゃれ泥棒』(1966)

『暗くなるまで待って』(1967)

▫️何度見ても引き込まれます!!

私のデザイナーの原点は
以前話した祖父の影響と
オードリーヘップバーン
だったのかもしれません
ヘップバーンに出逢った瞬間から
美しいものに憧れ
私も作品で表現したいと思い始めたのです

マタニティウエディングドレスのデザイン
製作するかたわらには、
必ず側にはオードリーの写真があり
デザインに沢山のアイディアを戴きました

お腹のお子さんを愛おしくさわる妊婦様は
最高の笑顔で微笑みます
オードリーと同じように優しく優雅に
この微笑みを私のデザインするドレスで
幸せをプラス出来れば私も嬉しい事です

アトリエ(LaNature)ラナチュール

▪️(Instagram) lanature_bridal
▪️ (home page) https://lanature-dress.com
▪️(TEL) 03-3465-5477