Blog

2022.08.15

ドレス生地の成り立ちと選択の大切さ

今日は、素材(生地)の話しをさせて戴きます

 

ドレスを製作する上で製図(パターン)同様

生地の選定は、とても重要です

デザイン画のイメージどおり

表現するには、どの素材が一番最適か

生地の選択で大きな違いが出てしまいます

 

私は、生地の落ち感を大切に選びます

肌触りが良く、艶よりもマットなタイプ

もちろん、デザインで異なります

 

では、本題の

【本題の生地の出来上がりの工程】です

生地は、紡績工場、織物工場と分かれますが

紡績工場と織物工場を併設して行ってい所も

有ります

 

生地には織り方の種類が有ります

その織り方次第で表情が変わり色々な風合いを出していきます

 

🔹【生地の織りの種類】

平織、綾織、朱子織りの三原組織

からなります

そして染めの作業が次に行われます

 

🔹【先染め】

先染めは、繊維や糸の状態から染める技法で

糸自体に染料を吸着させる為、織り上げると

発色が良く、深みの有る色に仕上がります

堅牢度に優れ、色落ちもしずらい為に

何度選択しても色移りの心配がないのです

 

色の違うの糸との組み合わせで織り上げると

また違う表現が出来とっても面白い

実際にコストはかかり、時間もかかる為

先染めには、高品質な拘りの素材が

多いように思われます

 

 

【後染め】

糸の状態からは染色せずに、生機の状態の生地を

染める技法です

 

後染めには、さまざまな染色法も有り

プリント素材に多く使われてます

時間をかけずに、糸の表面部分だけを

染めている為

深みのある色は出しづらいのが特徴

洗濯で色落ちもしやすく

色々な色を組み合わせて染めると

他の色と混ざってしまったり、

色移りする可能性も有る事が多く

その為、後染め生地は先染め生地に比べて

高品質ではないと言えます

 

また、(製品染め)という技法も有り

これは

出来上がった製品その物を、丸ごと染める技法です

 

 

沢山の現場で、それぞれの職人の手で

様々な技法により出来上がる

生地の成り立ちを考えると改めまして

奥深さを、感じずにはいられません

 

 

この先、この出来上がった生地を

ウエディングドレスの世界に

どう活かし、魅力の有るデザインにするかは

デザイナーの仕事です

 

生地の工程の奥深さを知れば知るほど

感謝しながら使わなければいけないですね

 

妊婦様は妊娠により、敏感肌になってきます

肌に優しい生地を選択しその生地がさらに

美しいシルエットを出してくれるよう

パターンの字の目などを縫製の現場に的確に

伝わるように、指示されなければいけません

妊婦様がご結婚式でマタニティウエディングドレスをお召しになられ笑顔になられた時に

職人の手で作られた、この大切な生地が

本当の意味で、活かされた事になるのでしょう