Blog

2022.08.13

過去から学ぶ、私の原点

今日は、少しプライベートな事も話させて戴きます

 

私は 4人兄妹、兄2人と弟に挟まれ

たった1人の女の子、長女として昆野家に

誕生致しました

 

しかし、その兄妹構成ゆえに

物心ついた時には、女の子とは、扱われず

まるで、男の子、4人兄弟のように育ちました

 

8人家族、そんななかでも、祖父の影響なのか

美しいもの物、お洒落な物に惹かれるのです

 

祖父は、伊達もお洒落で何時もお帽子をかぶり

お気に入りのスーツを姿勢よく着こなし

突然の訪問客に対しても

待たせてでもスーツに着替え

拘りのスタイルで現れるのです

 

また、洋服全ての素材にも拘り

祖母が手配に、管理にと大変な思いを

して折りました

頑固で優しく、知識が豊富、料理人でも有り

明治生まれの男子!!

 

私はというと、真っ黒に日焼けして

どろんこになり遊んでくるのが日常

でも、何時も気がつけば,

祖父を目で追っていたような気がします

気になる存在だったのでしょ

 

絶対的な家長の祖父

元日には、書初めをさせられ

祖父の書き上げた書は、子供心にも

素晴らしさを理解できました

祖父は、只者ではないと!!

 

繰り広げられる、一筆一筆が美しく

見惚れていたのです

所作にも目が追いかけてました

凛とした たたずまい

それが、どこか誇らしく

無のから作りだされる文字は輝いていました

その世界の素晴らしさは感動だったんです

 

 

デザイナー業も一緒で、何もない所から

表現してしていくので、表現者として拘り

追求していく事は、同じです

 

 

この時点で、のちにデザイナーの道を

歩むなんて思いもよらず、不思議ですね

 

 

母は、洋裁が出来、全て私の洋服は

母の手作り

この時の私は、白のカラーに異常に

憧れていたのを覚えてます

白は、特別な物で、自分がお姫様になれるような

違う世界に生きれるみたいな

綺麗なものなら何にでも憧れ

空想ばかりしている子でした

 

 

でも、母は、絶対に私には

白い洋服を作ってくれなかったのです!!

 

理由は、私がどろんこになり汚すから

それだけの理由です💦💦

そうなると私は、何時しかここを出た時に

絶対に白い洋服を沢山着るんだと

思いを秘めてました

 

反発からか、さらに異常な白のカラーへの

想いが増しながら、気がつけばデザイナーに

 

今思えば

祖父と母からの影響が知らず知らずのちに

私をデザイナーのへ導いた気がします

 

 

今でも白は、大好きなカラー

何よりも

心が落ち着き無になれ、穏やか自分がいるのです

マタニティウエディングドレスをデザインしながら

常に穏やかにいられるのです

 

 

白は、カラーの原点だと私は思ってます

白に憧れたからこそ、ウエディングドレスを

デザインしてるんだと思います

白だから素敵に表現出来る

何よりも女性の

一番美しく輝いている瞬間

妊婦様のマタニティウエディングドレスの

製作を手掛ける時間が幸せを戴いてます

 

最後に

祖父も、母も共通点は、仕事が繊細で丁寧

私は、2人の事を思い出す度

私も、絶対に妥協せずに納得のいくドレスを

そして妊婦様の事を思い喜んで戴く為に

丁寧な仕事をと思うのです